シャープの完全子会社で大型液晶パネルを生産する堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市堺区、陸一民社長)の2023年12月期決算が、1156億円の当期赤字(前期は360億円の赤字)だったことが分かった。当期赤字は2期連続。大型液晶パネル生産設備などの減損損失を計上したため。シャープはこの減損損失について、23年3月期と23年4―12月期の連結決算に計上済みで、24年3月期連結業績予想への影響はないとしている。

SDPの23年12月期の営業損益は178億円の赤字(前期は276億円の赤字)で赤字幅が縮小した。前期に比べ大型ディスプレーの市況は回復したが売価が依然低く、赤字が続く。

一方、中小型ディスプレーの市況が厳しく、シャープの24年3月期連結業績予想は営業損益がゼロ(前期は257億円の赤字)、当期損益が100億円の赤字(同2608億円の赤字)の見通し。

シャープは12年に、経営負担を減らすためSDPに台湾・鴻海精密工業グループの出資を受け入れ連結対象から外したが、22年6月に海外ファンドから株式を買い戻し、完全子会社化した。ただ、大型液晶事業は不振が続いており、シャープがSDPの生産を停止するとの見方も一部で出ている。これについてシャープは「ディスプレー事業の業績回復に向けてあらゆる検討を進めている」としている。


【関連記事】 日立が電機業界で勝ち組になったグループ戦略