コニカミノルタは、汗臭や加齢臭、ミドル脂臭の3大体臭を10段階で測定するデバイス「Kunkunbody(クンクンボディ)」の先行販売を始めた。

 耳の裏や頭などにデバイスを当て、スマートフォンに結果を表示する。これまで体臭を客観的に評価する製品はなかったという。

 クラウドファンディング「マクアケ」のウェブサイトで先行販売し、一般販売価格3万円(消費税込み)から15―30%割り引く。「世の中になかった価値を提供したい」(同社)という。

 コニカミノルタは大阪工業大学と共同で、機械学習を使って多様な臭いを測定するプラットフォーム「ハナ」を作成。学習成果をクンクンボディに組み込んだ。

 さまざまな種類の市販ガスセンサーをハナに接続し、どの臭いの時にどんなセンサーの波形が出るかを学習させた。結果を基に、3大体臭の検出に効果的なセンサーを4種類選び、検出のアルゴリズムとともに搭載した。

 ハナを使うことで、たばこ臭やペット臭、腐敗臭など体臭以外の臭い検出の仕組みも開発できる。今後、他の臭い検出を使ったビジネス開発も検討する。


【ファシリテーターのコメント】
「香害」という言葉が生まれる現代。臭いを気にする人は大勢いるので、流行るかもしれない。ただ記事中にあるように臭いの感覚は主観性が高いので、測定結果がどの程度周囲に影響するレベルなのか評価できるのかが気になる所。体臭は病気の発見にもつながるとされる。コニカミノルタは遺伝子診断など医療系事業を強化している最中なので、そことの関連性や発展性も当然、意識しているだろう。
政年 佐貴惠