東京大学大学院総合文化研究科の王牧芸特任研究員と岡山大学大学院自然科学研究科の竹内秀明准教授らは、メダカが顔で仲間を見分けていることを突き止めた。

 メダカの顔の認識には、ヒトや霊長類などと同じ現象が起きており、動物の顔認識機構の進化過程の解明に役立つ。成果は英科学誌イー・ライフに掲載された。

 研究チームは、メスと体の一部を隠したオスを透明ガラスで仕切って“お見合い”をさせた。メスは顔を隠したオスを見分けることができなかったが、尾部を隠したオスは見分けることができ、顔の視覚情報が個体判別に重要なことが分かった。

【ファシリテーターのコメント】
ヒトやサルでは、顔を上下逆にすると顔を見分ける能力が低下するが、魚類のメダカにも、同じ現象が見られたという。
明 豊