デジタル化、ネット化の恩恵で、今や音楽は、様々な媒体を通じて楽しむことができる。衰退するメディア、媒体がある一方で、アナログレコードが人気再燃で国内生産再開というニュースも。そこで今回は、音楽の楽しみ方の変化を統計データで可視化して捉えてみる。

 現代の音楽の楽しみ方は、CD等のパッケージを購入して専用の再生機器で楽しむというものではなく、ネットを通じた「音楽配信」が主流となりつつあるのは、周知のところ。

 しかし、その音楽配信の状況も、ここ数年の有料音楽配信の売上げ実績のデータを確認すると、様変わりしている。最もシェアの大きいパソコンやスマートフォン向けの「従量制音楽配信サービス」の売上げは、2013年から2016年にかけて、約70%から約50%に縮小している。

 一方、「定額制音楽配信サービス」の売上げは急激な伸びを見せており、2013年からの4年間で6.5%から37.8%と約5倍に拡大している。

 従量制とはダウンロードした曲数・データ数に応じた課金だが、定額制は「1か月いくら」という課金で、音楽を楽しむ方式だ。単に、音楽を楽しむデバイス、機械が変わったというだけではなく、あらかじめ聴く楽曲を手元に置くというプロセスがなくなり、また、金額も気にすることなく、より自由な音楽の楽しみ方へと変化している。

<全文は「METI Journal」でお読みになれます>


【ファシリテーターのコメント】
最近の自分の音楽の楽しみ方は長くお風呂に入って、ユーチューブで欅坂46の「サイレントマジョリティ−」を聞くこと。
明 豊