ニイガタ機械(新潟県三条市、山口昇社長)は、鍛造機械に金型を固定するコッターで、油圧で拡張させる新タイプを開発した。金型交換作業時間が5分以内と、ハンマーによって打ち込んで固定する従来方式の6分の1以下に短縮できる。価格は50万円程度を想定しており、9月をめどに発売する。

 コッターはテーパー形状で、通常、鍛造機械と金型の隙間に打ち込むことで固定する。ニイガタ機械が開発したコッターは、鍛造機械と金型の隙間に差し込み、加圧によってコッターを拡張させて固定する。

 従来の打ち込み方式では、力が入りすぎて鍛造機械の部品や金型の破損につながるケースがあった。金型交換に要する時間も1回当たり30―40分が必要で、交換の度に生産ラインが停止するといった難点があった。これに対して、新開発のコッターは全体を膨らませて固定する方式を採用しており、鍛造機械の部品や金型が傷まない。

 コンベヤーによる金型の移動や打ち込み作業が不要となり、1回の金型交換時間が5分以内と大幅に短縮できる。固定する際の圧力をあらかじめ設定しておけるため、作業者によってバラつきが発生することもない。

【ファシリテーターのコメント】
ラチェットレンチによって直接コッターを加圧、拡張させる「インナープランジャー」タイプと、グリースポンプで外部からコッターを加圧、拡張させる「アウタープランジャー」タイプを用意。自動車部品や建設機械部品などを生産する鍛造業界での採用を見込んでいる。
(日刊工業新聞新潟支局長・古谷一樹)
日刊工業新聞 記者