理化学研究所生命医科学研究センターの橋本浩介専任研究員、ピエロ・カルニンチチームリーダーらは、110歳以上の高齢者「スーパーセンチナリアン」が免疫に関わる特殊なT細胞「CD4陽性キラーT細胞」を血液中に多く持つことを発見した。スーパーセンチナリアンと50―80歳の人から採取した血液を解析して明らかになった。免疫と老化、長寿の関係の解明や、健康寿命を伸ばすことにつながる。

 研究チームは、スーパーセンチナリアン7人と50―80歳5人から血液を採取し、合計約6万個の免疫細胞を調べ、細胞内のリボ核酸(RNA)を解析した。その結果、スーパーセンチナリアンは免疫細胞のうちT細胞の構成が大きく変化していることが分かった。

 T細胞には、他の免疫細胞を助ける「CD4陽性ヘルパーT細胞」と、がん細胞などを殺す「CD8陽性キラーT細胞」がある。スーパーセンチナリアンはCD8陽性キラーT細胞のほかに、ヒトの血液にはあまり存在しない、他の細胞を殺す作用があるCD4陽性キラーT細胞を血液に含んでいた。20―70代の血液データと比較すると、CD4陽性キラーT細胞はスーパーセンチナリアンで特異的に増加していた。

 慶応義塾大学との共同研究。