東京大学は、五神真総長(63)の3月の任期満了に伴い、次期学長予定者として藤井輝夫理事・副学長(56)を決めた。任期は4月1日から6年間。現在の担当は財務、社会連携・産学官協創。五神総長が掲げる高度人材による知的集約型社会に向けて、企業と大学が深くつながって実現するイノベーション創出をリードしてきた。ダイキン工業やソフトバンクからの10年で100億円、200億円といった巨額の支援や、国立大学初の大学債発行など、トップクラスの研究大学が協創の果実を得る仕組みの整備を指揮した。専門は応用マイクロ流体システム。

藤井輝夫氏

【略歴】藤井輝夫氏(ふじい・てるお)93年(平5)東大院工学系研究科博士課程修了。同年東大生産技術研究所客員助教授。07年同研究所付属マイクロメカトロニクス国際研究センター教授。15年同研究所長。18年副学長。19年理事・副学長。