大阪大学は強みとする化学分析の核磁気共鳴装置(NMR)群を、学外研究機関や企業が遠隔地から利用する仕組みを確立した。学内外のアクセスを切り替え、外部攻撃を受けてもデータ貯蔵部につながらない仕組みを整備した。また、日本電子が持つ世界最高クラスのNMRにつなげる試行で、週末3日間をかけて貴重なデータ取得に成功した。学内でも各研究室から操作可能になるなど、利便性が大きく高まりそうだ。

阪大は共同利用・共同研究拠点の蛋白質研究所を抱え、全学で34台の共用NMRを所有している。大阪市立大学、奈良工業高等専門学校と機器共用の活動を以前から進めていたが、新型コロナウイルス感染症が拡大。三密を避けて、離れた場所から機器を操作するニーズが高まった。

まずオートサンプルチェンジャーなどの自動機器や、分析室の様子がわかるウェブカメラを設置。学内ローカルネットワークでつながる理学系研究科15研究室などで、分析室にいなくても長時間や連続の測定操作ができるシステムを導入した。

学外からはインターネットを介した化学・製薬企業の利用などで、安全性がより重要だ。そのためスイッチングハブで外部アクセスPCと内部アクセスPCを切り替え、重要データが外部に流出しないようにした。

また阪大でもできない炭素の高感度測定で、日本電子が所有する測定周波数800メガヘルツなどの最高クラスNMRの遠隔利用を試行した。週末3日間をかけて貴重なデータを収集した。

測定の難しい試料は今後、大阪市大・奈良高専―阪大―日本電子とNMRのレベルを「かかりつけ医」から「大学病院」へつなぐように順に上げて、役割分担する計画だ。