学校法人の慶応義塾と東京歯科大学は26日、東京歯科大の歯学部を慶応義塾大学に統合し、法人を合併する協議を始めたと発表した。時期は2023年4月をめどとする。これにより慶大は日本の総合大学として初めて医学部、看護医療学部、薬学部、歯学部の医療系4学部を持つことになる。

東京歯科大の創設者は慶応義塾の出身であり、慶応義塾三田キャンパス(港区三田)の近くに高山歯科医学院(現在の東京歯科大)を開校した。歴史的関係を一要因に、東京歯科大が統合・合併を申し入れた。慶応義塾は医歯連携や医工連携の教育・研究、付属校生徒の進路拡大を期待して協議開始を決めた。