日立マクセルは臀部(でんぶ)や腰の筋肉に電気刺激を与える運動機器「もてケアウエスト&ヒップ」を28日に発売する。肉厚な部位への刺激を行うために「もてケアシリーズ」の従来製品と比べ、2倍まで出力を高めた。コードレスタイプで、リチウムイオン電池を搭載したことで、繰り返し充電して使用できる。消費税抜きのオープン価格は約1万6800円。

 製品外形は幅580ミリ×高さ340ミリ×厚さ17・4ミリメートル。重さは170グラム。使用可能時間と充電時間はそれぞれ約3時間で、約500回の充電が可能。電源アダプターと充電用USBケーブルを付属する。

 もてケアウエスト&ヒップには、刺激を与える六つの電極を内蔵した。シリコーン素材を採用することで、対象の部位に柔らかく密着し軽い装着感を実現した。15のトレーニングパターンを用意したほか、出力強度を15段階で調整できる。ヒップラインなどを集中的に鍛える三つの使い方がある。



【ファシリテーターのコメント】
これを装着するだけでヒップが鍛えられるなら欲しいかも。。
松井 里奈