大阪大学大学院医学系研究科の松井崇浩特任助教と石井優教授らは、生体組織を切除せずに、大腸がんを迅速に診断する方法を開発した。組織透過性の高い近赤外領域の「多光子励起イメージング技術」により、組織の表面からの観察で深部を可視化した。患者の負担が少なく、従来2、3日以上かかったガラス標本作製のための前工程が不要。

 今後、複数のがん腫に展開し、実用化に向けて内視鏡などの医療機器への応用を目指す。

 研究グループは生体組織の自家蛍光と、多光子励起イメージング技術の「第二高調波発生」によって組織の深部を可視化することに成功。大腸がんと非がんの細胞を、従来のガラス標本の顕微鏡画像と同様に識別できた。

 ガラス標本作製に必要だった脱水やスライス、パラフィン処理、染色などが不要。組織の切除に伴う身体の負担や合併症も防げる。

【ファシリテーターのコメント】
画像データから細胞の核の大きさや基底膜の蛍光強度の算出も可能という。二つのパラメーターから、がんと非がんを定量的に識別できる。他のがん腫でも診断条件を確立していくそうだ。
明 豊