サントリー食品インターナショナルは、ペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズの2018年の販売目標を当初比で約33%増の2000万ケースに上方修正した。同社はペットボトル入りコーヒーでは草分け。従来の缶コーヒーにない、スッキリとした飲みやすさやスタイリッシュなパッケージが受け、17年に発売し1000万ケースのヒットを飛ばした。

 18年も好調な販売を見込み、当初の販売目標は1500万ケースに設定した。ペットボトルコーヒーのブームに火が付き、飲料各社が参入したことで市場がさらに拡大した。クラフトボスは6月末時点で目標の8割に当たる1200万ケースを突破した。このため目標を引き上げた。

 同社は6月からシリーズの「ブラック」、「ラテ」のほかに、砂糖やミルクを控えめにした「ブラウン」をラインアップに加えた。これによりさらなる拡販を目指す。

【ファシリテーターのコメント】
先日はサントリービールがペットボトル入りのノンアルコールビール風味飲料「オールフリー オールタイム」を発売するなど、ペットボトル入り飲料がブームな印象です。ちなみに「クラフトボトル」は情報・サービス業の就労人口の増加(=デスクワークが中心の働き方人が増加)を踏まえ、ゆっくりと時間をかけて楽しめるコーヒーとして開発されたそうです。
葭本 隆太