経営再建中の大手電機メーカー「シャープ」の戴正呉社長が台湾で記者会見し、業績回復に向け海外での売り上げ比率を引き上げるため、まずは台湾の市場でテレビのシェアトップを目指すなど、販売の拡大に取り組む考えを示しました。