高齢化で増え続ける社会保障費をいかに抑えるかが課題となるなか、保険会社の間では、リハビリなどによって要介護度を下げた人に祝い金を払うなど、健康づくりを促す保険商品の開発が広がってきています。