東京電力は新潟県にある柏崎刈羽原発の耐震性不足の説明に誤りがあった問題を受けて、ことし2月から新潟県内でのテレビやラジオのコマーシャルを自粛していましたが、発電所の安全対策を理解してもらう活動の一環として、14日からおよそ半年ぶりにコマーシャルを再開することを決めました。