大手化粧品メーカーの資生堂は、目元に化粧をする際に使う「アイライナー」の一部の商品で、芯の部分にプラスチックの破片が混入した商品が見つかり、使用するとけがをするおそれがあるとして、およそ40万本を回収すると発表しました。

資生堂が回収するのは、目元に化粧をする際に使うアイライナー、「インテグレート キラーウインクジェルライナー」です。

会社によりますと、ことし7月と先月、購入した人から連絡があり、一部の商品で目元に線を描く芯の部分にプラスチックの破片が混入したものがあることがわかったということです。

このため、会社では、使用するとけがをするおそれがあるとして、6年前に発売してから販売したすべての商品およそ40万本を回収することを決めました。今後、この商品の製造と販売も中止するとしています。

製造過程で芯を詰める際に容器が削れてプラスチックが混入したと見られるということで、資生堂は「多大なご心配とご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」とコメントしています。

回収はホームページでは13日から、電話では14日午前9時から受け付けます。電話番号は0120ー636ー087です。