「神戸製鋼所」の検査データ改ざん問題で、工業製品の安全性を示すJIS=日本工業規格の認証機関は、新たに北九州市の子会社が製造する銅管の認証を取り消したと発表しました。

発表によりますと、JISの認証機関は、北九州市にある神戸製鋼の子会社の「神鋼メタルプロダクツ」で製造している銅管について、8日付けで認証を取り消しました。理由について、認証機関は、製品の寸法の測定をしないままデータを記録するなど、品質管理体制が法律の基準を満たしていなかったためとしています。

さらに、栃木県真岡市にある神戸製鋼の「真岡製造所」で製造しているアルミ板製品についても、品質管理体制が不適切だとして、8日付けで認証を一時停止しました。神戸製鋼は「ご迷惑をおかけし、深くおわびします。指摘された問題の是正に取り組みます」と話しています。

この問題で、JISの認証機関は、経済産業省の指示を受けて、神戸製鋼とそのグループ企業で認証を受けている工場と事業所の調査を進めていて、これまでに、神奈川県内にある子会社の製品の認証を取り消したほか、山口県内の工場の製品も認証を一時停止しています。

製品の取り引きにあたって、JISの認証を条件としている企業もあるため、認証の取り消しや一時停止がさらに広がれば、神戸製鋼の経営に対する一段の影響も予想されます。