自動車メーカーのSUBARUは、レガシィとインプレッサの2車種で、燃料ポンプの不具合で最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがあるとして、合わせて23万台余りのリコールを国に届け出ました。