20日、福岡市で、現金3億8000万円余りが奪われた事件で、現場から逃走した白いワゴン車に別の車のナンバープレートがつけられていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は、周到に計画された犯行と見て、逃走ルートなどを調べています。

20日昼すぎ、福岡市中央区天神のみずほ銀行福岡支店前の駐車場で東京の貴金属販売仲介会社の男性社員が、スプレーのようなものを顔に吹きつけられ、引き出したばかりの現金3億8000万円余りが入ったスーツケースを2人組の男に奪われました。

男らは、白いワゴン車で現場から逃走しましたが、捜査関係者によりますと、警察が防犯カメラの映像などからナンバーを割り出し、所有者を確認したところ、このナンバープレートが、別の車のものだったことがわかったということです。ワゴン車はまだ見つかっておらず、警察は、周到に計画された犯行と見て、逃走ルートなどを調べています。

一方、警察は20日、福岡空港から現金7億円余りを無許可で海外に持ち出そうとしたとして、韓国人の男4人を関税法違反の疑いで逮捕しました。警察によりますと、男らは、現金が奪われた事件の犯人と見た目などの特徴が違っているほか、事件への関与を否定しているということです。
【金の取り引きの現状】福岡県内で金を取り扱っている複数の業者によりますと、金を購入するときは、顧客が直接、店を訪れて現金で取り引きすることがほとんどだということです。金額の中心は、数百万円から数千万円だということですが、1億円を超えるケースもあり、高額のときには、口座振り込みで取り引きする場合もあるということです。

取り引きのほとんどが現金で行われる理由については、小切手などがにせものであるリスクを避けるためだということです。

大手の金の販売業者によりますと、株式などに比べてリスクが少ないことなどから金を買い求める人が増えていて、金の価格はおよそ10年の間に4倍以上になり、先月の価格は1グラム当たりおよそ4500円になっているということです。