東京都の小池知事は、市場の移転問題をめぐり、築地市場を豊洲に移したうえで、将来的にブランド力を生かすため築地に市場機能を持たせた再開発を行うなどとする基本方針を固めました。小池知事は20日午後、基本方針に沿った具体策をまとめるよう都の幹部に指示するとともに記者会見で明らかにすることにしています。

市場の移転問題をめぐっては「市場のあり方戦略本部」が築地市場の用地を長期にわたって民間に貸し付けるなどの試算を出したほか、小池知事が3日前、築地市場を訪れて市場業者と意見を交わしました。こうした検討や意見を踏まえ小池知事は、市場の移転についての基本方針を固めました。

この中では、まずは築地市場を豊洲に移したうえで、将来的にブランド力を生かすため築地に市場機能を持たせた再開発を行うとしています。その際、豊洲市場については、ITを活用した冷凍や冷蔵の拠点としての特性を生かすことにしていて、市場機能を維持するかどうか今後検討するとしています。

小池知事は20日午後、基本方針に沿った具体策をまとめるよう都の幹部で作る「市場のあり方戦略本部」に指示するとともに、記者会見で明らかにすることにしています。
【自民都連会長「築地活用はコスト増に」】自民党東京都連の会長を務める下村幹事長代行は、日本外国特派員協会での記者会見で、「専門家や科学者は、豊洲市場への移転は安全だとずっと宣言していた。造った施設を使わず、維持管理費だけで毎日500万円かかるなど、むだな税金が使われている責任を、小池知事はどう考えるのか。また、築地を再活用するのなら、本当に合理性と採算性があるのかが問われる。両方使うことで反対する人をなくすという、東京都議会議員選挙に絡めた考えかもしれないが、むだなコストがかかることになる」と述べました。