前線の影響で九州や四国に発達した雨雲がかかっていて、21日にかけて西日本と東日本の太平洋側などで非常に激しい雨が降り、四国を中心に局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。気象庁は低い土地の浸水や土砂災害、川の増水に警戒するよう呼びかけています。