広島市の原爆ドームの脇を流れる川で、原爆で吹き飛ばされたドームの一部と見られる、重さおよそ200キロの石材をクレーンを使って引き上げる作業が行われました。