宮崎県によりますと、県の北部を流れる五ヶ瀬川は高千穂町の音の谷吊橋の水位観測所で氾濫危険水位を超えていましたが、その後、水位が下がり、午後6時に氾濫危険水位を下回りました。