広島県によりますと、三次市を流れる板木川は、下志和地観測所で、洪水のおそれがある氾濫危険水位を超えていましたが、午後8時に氾濫危険水位を下回ったということです。自治体が避難の呼びかけなどを行う目安とされる、避難判断水位を依然超えていることから、県と気象台は引き続き警戒するよう呼びかけています。