国土交通省によりますと、高知県の中西部を流れる仁淀川は、越知町越知の観測所で、洪水の起きるおそれがある氾濫危険水位を超えていましたが、その後、水位が下がり、午後9時50分に氾濫危険水位を下回りました。