大型の台風18号は、17日午後10時ごろ、兵庫県の明石市付近に再び上陸し、速度をさらに上げながら北東へ進んでいます。この時間は京都府で1時間に100ミリ前後の猛烈な雨が降るなど、西日本の各地で大雨となっていて、安全が確認されるまで厳重な警戒と避難を続けてください。台風は、18日は西日本から東北・北海道へ進む見込みで、広い範囲で大雨や暴風、高波などに厳重な警戒が必要です。

気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は、17日午後10時ごろ兵庫県明石市付近に再び上陸し、18日午前0時には福井県敦賀市付近を1時間に60キロとさらに速度を上げながら北東へ進んでいると見られます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から南東側190キロ以内と北西側130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は、このあと西日本を通過し、その後、18日は東北や北海道へ進む見込みです。

まず、厳重な警戒が必要なのは、大雨です。

この時間、近畿や北陸、東海を中心に台風本体の発達した雨雲がかかり、17日午後11時までの1時間には、国土交通省が岐阜県揖斐川町に設置した雨量計で58ミリ、滋賀県が高島市に設置した雨量計で54ミリ、福井県が敦賀市に設置した雨量計で51ミリの、非常に激しい雨を観測しました。

また、17日午後10時半までの1時間に気象庁のレーダーによる解析で、京都府京丹後市丹後町付近と京都府伊根町付近でいずれもおよそ90ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まり、大分県や、香川県、徳島県、鳥取県、岡山県、兵庫県、京都府、滋賀県、福井県の各地に、自治体が避難を呼びかける目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されています。

また、兵庫県や京都府、鳥取県、島根県、広島県、岡山県の各地で氾濫の危険性が非常に高まり、氾濫危険水位を超えている川があります。

台風や前線の影響で、今後も広い範囲で雨が強まり、西日本はこのあとしばらく、東日本は18日朝にかけて、北日本では18日夜にかけて雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みで、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

18日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、北海道で250ミリ、東北で180ミリ、東海と北陸で150ミリ、近畿で120ミリ、関東甲信で100ミリと予想されています。

さらに暴風にも厳重な警戒が必要です。

この時間は近畿で猛烈な風が吹いていて、和歌山県の友ケ島灯台で17日午後8時半すぎに44.7メートル、18日午後9時には和歌山市で38.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

18日は北海道や東北、北陸など広い範囲で暴風となるおそれがあり、18日の最大風速は中国地方と北海道、東北で30メートル、四国、近畿、東海、北陸で25メートル、関東甲信で20メートルと予想され、最大瞬間風速は35メートルから45メートルに達すると予想されています。

また、18日の海上の波の高さは北海道で8メートル、四国と近畿、東海、関東甲信、東北で7メートル、中国地方で6メートルなどと大しけになる見込みです。

また、瀬戸内海を中心に海岸や川の河口付近の低い土地で高潮によって潮位が上がっているところがあります。

気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風、高波に厳重に警戒するとともに、高潮にも警戒し、すでに大雨となっている地域では、自治体の情報にしたがって直ちに安全な場所に避難するか、周囲の状況を確認して外に出るのが危険な場合は建物の2階以上に移動するなどできるかぎり安全を確保するよう呼びかけています。

また、今後の進路にあたる地域では自治体の出す避難勧告などの情報にしたがい、特にお年寄りなど避難に時間がかかる人がいる施設や家庭などは、状況が悪化する前に早めに避難してください。

雨や風が強まってから、屋外で作業したり、田畑の様子を見に行ったりするのは危険です。

不要不急の外出は控えるとともに増水した川や用水路には絶対に近づかないでください。