京都府によりますと、福知山市を流れる和久川は、榎原の水位観測所で、洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位を超えていましたが、その後、水位が下がり、17日午後11時20分に氾濫危険水位を下回ったということです。