14日午前、山形県戸沢村の住宅の敷地で、この家に住む66歳の男性が、深さ数メートルの雪の中に埋もれているのが見つかり、死亡が確認されました。警察は、除雪作業中に車庫の屋根から落ちた雪の下敷きになったと見て調べています。

14日午前11時20分ごろ山形県戸沢村角川の農業、早坂清さん(66)が、自宅の敷地で雪に埋もれて倒れているのを家族などが見つけ、消防に通報しました。
早坂さんは、病院に運ばれましたがおよそ2時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、早坂さんの姿が見えなくなり家族などがさがしたところ、深さが2メートルから3メートルほどの雪の中で見つかり、近くには、除雪作業に使うトラクターがエンジンをかけたままの状態で置かれていたということです。

また近くの車庫の屋根は雪が無くなっていて、警察は、除雪作業中に屋根から落ちた雪の下敷きになったと見て調べています。