東海道新幹線の車内で乗客3人が男に刃物で殺傷された事件で、はじめに襲われた女性は途中の停車駅の新横浜駅から乗車し、男の隣の席についた直後、突然、切りつけられたことが警察への取材でわかりました。警察は車内の防犯カメラの映像を分析し詳しいいきさつを調べています。

今月9日の夜、新横浜駅と小田原駅の間を走行していた東海道新幹線の車内で乗客の男女3人が刃物で切りつけられ、このうち兵庫県尼崎市の会社員、梅田耕太郎さん(38)が死亡しました。

この事件で、殺人の疑いが持たれている愛知県岡崎市の無職、小島一朗容疑者(22)は、始発駅の東京駅を出発したときは2人掛けシートに1人で座っていましたが、およそ20分後、途中の停車駅の新横浜駅で女性が乗車して隣の席に座ると数分もたたずに突然、切りつけていたことが警察への取材でわかりました。
警察によりますと直前にこの女性とのトラブルなどは確認されていないということです。

小島容疑者はさらに別の女性を襲ったあと、止めに入った梅田さんを何度も切りつけたということで、警察は車内の防犯カメラの映像を分析して詳しいいきさつを調べています。