8年前、大阪堺市で象印マホービンの元副社長など2人が殺害された連続強盗殺人事件で、1審と2審で死刑が言い渡された被告に対し、最高裁判所は上告を退ける判決を言い渡し、死刑が確定することになりました。

大阪堺市の無職、西口宗宏被告(57)は、平成23年、堺市の住宅で、象印マホービンの元副社長尾崎宗秀さん(当時84)を殺害し現金を奪ったほか、その1か月前には同じ市内の田村武子さん(当時67)を連れ去り、現金を奪ったうえで殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われました。

1審と2審が死刑を言い渡したのに対し、被告側は死刑は重すぎるとして上告していました。

12日の判決で最高裁判所第3小法廷の岡部喜代子裁判長は「強固な殺意に基づいた計画的な犯行で、殺害方法は冷酷だ。刑事責任は極めて重大で、被告のために事情を十分考慮しても死刑はやむをえない」と指摘して上告を退け、西口被告の死刑が確定することになりました。