大型の台風10号は、九州や四国の一部を暴風域に巻き込みながら北上し、15日、西日本に上陸し縦断する見込みです。四国を中心に降り始めからの雨の量が多いところで1200ミリを超える記録的な大雨になるおそれがあるほか、瀬戸内地方など、ふだん雨の少ない地域でも大雨になる見込みです。土砂災害や川の増水、暴風や高波などに警戒し、早めに安全な場所に避難するよう心がけてください。

気象庁によりますと、大型の台風10号は、午前5時には、高知県の足摺岬の南西130キロの海上を、1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から東側330キロ以内と西側170キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間、九州や四国などが暴風域に入っているとみられ、西日本の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかっています。

午前4時までの1時間には、高知県仁淀川町の鳥形山で55ミリの非常に激しい雨が降ったほか、国土交通省が奈良県上北山村に設置した雨量計で46ミリ、愛媛県が宇和島市に設置した雨量計で33ミリのいずれも激しい雨を観測しました。

これまでの雨で、鹿児島県と大分県、愛媛県、徳島県では、土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

風も強まり、高知県の室戸岬で午前4時前に35.5メートル、奈良県十津川村風屋で午前3時前に29.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風は、今後も北上を続け、15日西日本に上陸し、縦断する見込みです。

台風本体や周辺の発達した雨雲がかかる地域では、16日にかけて局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

15日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽四国で1000ミリ
▽東海で700ミリ
▽近畿で500ミリ
▽九州北部で400ミリ
▽中国地方と九州南部で250ミリ
▽北陸と関東甲信で200ミリと予想されています。

その後、15日の夜には台風は日本海に抜けて北東に進む見込みで、15日夜遅くから16日夜遅くまでの24時間には、
▽北海道と東海で200ミリから300ミリ
▽北陸と近畿で100ミリから200ミリ
▽東北と関東甲信で100ミリから150ミリなどと予想されています。

降り始めからの雨量がすでに500ミリに達しているところもあり、四国や紀伊半島の南東斜面を中心に、多いところでは総雨量が1000ミリから1200ミリを超える記録的な大雨になるおそれがあります。

また、瀬戸内地方などふだん、雨の少ない地域でも大雨になるおそれがあります。

15日は、西日本の太平洋側を中心に猛烈な風が吹く見込みで、最大風速は
▽四国で30メートル
▽九州北部で27メートル
▽近畿と中国地方、九州南部で25メートル
▽鹿児島県の奄美地方で23メートル
▽東海と北陸で22メートルなどで、
最大瞬間風速は35メートルから40メートルと予想されています。

海上はすでに猛烈なしけとなっているところがあり、波の高さは、
▽四国で10メートル
▽九州、近畿、それに東海で9メートルと予想されています。
【】また、今は潮位の高い大潮の時期にあたり、台風の接近する時間帯は、海岸や河口付近の低い土地で高潮のおそれがあります。

土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風や高波、高潮に警戒し、台風の進路に当たる地域では雨や風が激しくなる前に早めに安全な場所に避難するようにしてください。