令和になって初めての「終戦の日」の15日、超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の国会議員52人が、そろって靖国神社に参拝しました。

「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は毎年、春と秋の例大祭と、8月15日の「終戦の日」に、東京 九段の靖国神社に参拝しています。

令和になって初めての「終戦の日」の15日は、会長を務める自民党の尾辻元参議院副議長のほか、日本維新の会の東総務会長ら、超党派の衆参両院の国会議員52人が、午前11時ごろから靖国神社の本殿に昇殿し、そろって参拝しました。

このうち、安倍内閣からは佐藤外務副大臣や城内環境副大臣ら、副大臣と政務官合わせて8人が参拝しました。

このあと尾辻氏は記者会見し、「平成は1回も日本が戦争することがなく、平和な時代をおくることができた。令和もそういう年号になれば大変ありがたいと思っている」と述べました。

これに先立って、自民党の萩生田幹事長代行や小泉進次郎衆議院議員が靖国神社を参拝したほか、自民党の稲田元防衛大臣も高鳥農林水産副大臣ら、みずからが会長を務める議員グループ「伝統と創造の会」のメンバーとともに参拝しました。