アスベストを扱う工場で働いていた男性が、健康被害を受けた人を対象に国が進めている賠償の基準が不当だと訴えた裁判で、政府は、男性の訴えをほぼ認めた福岡高等裁判所の判決を受け入れ、上告を断念する方針を固めました。