国連は地球温暖化が進む世界で、今後、洪水やサイクロンなどの自然災害が急増し、毎年1400万人近くが住まいを追われるなどして、災害避難民になるとする報告書を発表し、各国に対して防災対策の強化を呼びかけています。