北朝鮮が、来月の米朝首脳会談を取りやめる可能性を示唆したことについて、アメリカ・ホワイトハウスのサンダース報道官は16日、フォックステレビに出演し、「我々は、米朝首脳会談が開かれるとまだ願っている。その準備を進めていく」と述べました。そのうえで、「交渉は厳しいものになる可能性がある」と述べるとともに、「もし首脳会談が開催されなければ北朝鮮に対する最大限の圧力を続けていく」と述べて北朝鮮をけん制しました。