世界に存在する核弾頭の数を調査している長崎大学は、最新の数としておよそ1万4450発と推計されると発表し、このうち、アメリカについて「北朝鮮に非核化を迫る一方で、核兵器の近代化を図るのは矛盾した姿勢だ」と指摘しています。

「長崎大学核兵器廃絶研究センター」は、各国政府や専門機関の情報などをもとに世界に存在する核兵器の数や種類を推計していて、13日、最新の調査結果を発表しました。

それによりますと、世界の核弾頭の数は今月初めの時点でおよそ1万4450発と推計され、去年より450発減ったということです。

ロシアが6850発、アメリカが6450発と、2つの国で全体の9割以上を占めています。

北朝鮮は、これまでに6回の核実験を行っていることなどから、保有する数を「10発から20発」として、今後、核実験場の閉鎖の動きなどがあるか注視する必要があるとしています。

そのうえでセンターは、北朝鮮に非核化を迫るアメリカが「みずから近代化を図るのは矛盾した姿勢だ」として数が減っても核兵器の脅威が続いている状況に変わりはないと指摘しています。

また、史上初の米朝首脳会談が開かれたことを受け「完全な非核化を確実に検証していくための『非核の制度化』と、北東アジア地域の安全保障の枠組み構築などによる『平和の制度化』が求められる」などとする見解も発表しました。