去年、この10年余りで2番目に患者が多くなった風疹は、ことしもおよそ1か月の患者数が367人と多い状態が続いていて、例年、春から患者が増加する傾向にあるため、専門家はことしは大きな流行になるおそれがあると注意を呼びかけています。

去年、全国の医療機関から報告された風疹の患者は2917人と、現在の方法で統計を取り始めた10年余りで平成25年に次いで2番目に多くなり、ことしも今月3日までのおよそ1か月の患者数は全国で367人と、この時期としては多い状態が続いています。

都道府県別では東京都が101人、神奈川県が57人、千葉県が37人、大阪府が32人、福岡県が30人などと、首都圏が6割余りを占めています。

風疹は妊娠中の女性が感染すると、赤ちゃんに障害が出る「先天性風疹症候群」となるおそれがあり、先月には埼玉県で男の子1人が先天性風疹症候群と診断されました。

国立感染症研究所によりますと、風疹の流行は数年にわたって続く傾向があるほか、例年、春から患者数が増加するため、ことしもこれからさらに患者が増え大きな流行になるおそれがあるとしています。

国は、流行の中心となっている39歳から56歳の男性を対象に、予防接種などを原則無料とする制度を始めることにしていて、国立感染症研究所は「女性は妊娠の前に2回のワクチン接種を行っておくほか、新たな制度の対象となる男性はこれを活用をして検査やワクチン接種を行ってほしい」と呼びかけています。