採掘による環境破壊や過酷な労働などの問題がなく“エシカル”な点で注目の「ラボ(研究所)グロウン(育てられた)」の宝石。「ラボグロウン・ダイヤモンド」は、ハリウッッドスターら海外セレブが好んで着用するなど話題を集めている。
国内最多級、約120種類の天然カラーストーンを取り扱うジュエリーブランド「BIZOUX(ビズー)」は、ラボグロウンの「パパラチアサファイア」を使ったサステナブルなジュエリーを8月に新発売した。天然のカラーストーンを世界20カ国以上から買い付け、選び抜いてきたからこそ届けられる、「ラボグロウン・カラーストーン」という“サステナブルな新たな選択肢”を提案している。

純度が高く高品質な色味と透明感、天然石と変わらぬ美しさ

「ビズー」の新商品は、国産(京都)の「ラボグロウン・パパラチアサファイア」を使ったリングとピアスだ。純度が高く、高品質の色味と透明感は天然石と変わらぬ美しさという。
オレンジとピンクの中間の色味が絶妙な天然の「パパラチアサファイア」は、“幻のサファイア”と呼ばれる希少石。シンハラ語で「蓮の花の色」を意味する「パパラチア」の輝きが、手元や耳元を華やかに彩る。
リング「ルナクール」では、その色味が一層引き立つ、ハートカットを施す。幅3.5ミリの大粒のハートをメーンに、天然ダイヤを4石置いて、可愛らしく仕上げている。
ピアス「アミーユ」は、4ミリ大の大粒の石を6本の爪で留めた、シンプルでデイリー使いしやすいデザインだ。
リングとピアスともに、地金はK18(イエローゴールド/ピンクゴールド)とプラチナの3パターン(計6アイテム)から選択可能。価格はリングが税込7万9200円から10万1200円で、ピアスが同2万5300円から3万6300円。
5月オープンの表参道店(表参道ヒルズB1F)ほか「ビズー」直営店全10店と、自社オンラインショップで販売している。

誕生石を「人工カラーストーン」で!サステナブルな“新たな選択肢”に

「ビズー」では、誕生石ジュエリーの新たな選択肢として、サステナブルな“人工のカラーストーン”を提案している。
新発売の9月の誕生石「サファイア」のほか、6月の誕生石「アレキサンドライト」、7月の誕生石「ルビー(スタールビー)」を、「ラボグロウン・シリーズ」から展開中だ。
「ラボグロウン・アレキサンドライト」は、幅5ミリの大粒ルースを使ったリングとネックレスを展開し、人気という。天然ではまず見ることの叶わない大ぶりのルースを存分に味わえるよう、4本爪で留めた、シンプルでリッチ、気品のあるデザインを採用している。爪の大きさなど細部まで計算したバランス感で、年代を問わず、長く身に着けられる。

「ラボグロウン・スタールビー」は、光を受けると白い六条の星模様が浮かび上がる、ルビーの中でもさらに希少な宝石。リングとペンダントトップは、幅7ミリの大粒で、天然石のような美しい色味と存在感を放つ。天然のダイヤモンドをアクセントに添えたジュエリーが、身に着ける方に華やかさを添える。


●販売場所
■「ビズー」オンラインショップ
 URL: https://bizoux.jp/
■「ビズー」直営店 計10店(自由が丘、日本橋、銀座、新宿、表参道、名古屋(※2022年8月1日〜8月31日休業)、大阪心斎橋、梅田、神戸、福岡)