三陸・常磐の水産物の魅力と美味しさを生活者に広く伝えるため、「復興水産加工業販路回復促進センター」が、11月1日(水)から11月30日(木)まで、関東・関西エリアを中心とした飲食店とコラボレーションし、三陸・常磐の海の幸を使った“うみ”の“うまいもの”を提供する『三陸・常磐うみうまフェア』を開催しています。今回、関東有数の長さを誇る戸越銀座商店街とも連携し、30店舗で三陸・常磐の水産加工品を使ったオリジナル料理の提供や物販が行われるということで、美味しい海の幸を求めて行ってきました。

戸越銀座の駅を出ると、商店街はCMキャラクターである“うみうまキャプテン”でお馴染みの戸塚純貴さんを起用した横断幕やフラッグで彩られ、『三陸・常磐うみうまフェア』を盛り上げています。通りを歩くとフェアの張り紙をした色々なお店が。どこも美味しそうです!

まず伺ったのはこちら!「中華料理 百番」さん

もちろん『うみうま』のポスターも

こちらで提供しているのは「大粒カキフライのチリソース」1280円(税込み)
茨城県大洗町の大粒の「カキフライ」にチリソースを合わせてあります。

口に入れた瞬間にカキの旨味がすごい!チリソースに負けないくらい旨味たっぷりです。チリソースの優しい辛みとカキの風味が絶品。また、カキが大粒で食べ応えもありました。1軒目から美味しすぎる!ご主人も「カキが素晴らしい!他のカキとはものが違うよね!」と大絶賛。特別メニューだけでなく、お店自慢のランチセットや晩酌セットにも加えるとか。ご飯もお酒もすすみそうです!

続いては「ミートソース専門店SPERANZA」さん

「牡蠣と檜原舞茸・九条葱のスパゲッティ」1280円(税込み)
こちらのカキは宮城県石巻の「氷温熟成 冷凍牡蠣2L」を使っています。

お店の方が運んできた時から、大粒のカキがぷりぷりと揺れて見るからに美味しそう!パスタの上に揚げ焼きされた大粒のカキが2つ乗っています。まずはそれから頂くと、ニンニクの香りとジューシーなカキの旨味が口に広がります。パスタには刻んだカキも入っており、舞茸とのコラボが複雑で深い味わい。九条葱のアクセントがさらにカキの旨味を引き立てます。ご主人は、当初4個のカキを使おうと思ったそうですが「大きくて、とにかく味が濃い!カキの味が出すぎちゃうから3個に減らしたくらい」なんだとか。お客さんの評判も上々だそうです。

3軒目は「うどん茶屋 嵯峨野」さん

「シジミとあおさの磯うどん」880円(税込み)
青森県八戸市の「シジミ貝」を使用しています。

たっぷりとシジミが乗ったうどんは、シジミの濃厚な旨味が溶け出したスープがなんとも美味しく、体に染み渡ります。麺はツルツルとして食感が良く、あおさの潮の香りが口に広がります。磯の風味を堪能できる一杯!思わずスープを飲み干してしまいました。お話を伺うと、八戸のシジミは、「泥臭さがなく、使いやすい!シジミの出汁がしっかり出ているので健康志向の方にもオススメ」だそう。

商店街をぶらぶらしていると、『うみうま』なのにお肉屋さんも!?お話を伺うと、「たこカツ」と「かきクリームコロッケ」を提供しているのだとか。お客さんにも好評だそう。

「たこカツ」90円(税込み)

そしてこちらは漬物屋さん…

キムチ好きの筆者は「かきキムチ」1080円(税込み)を買って帰ることに。

ぷりぷりのカキのキムチは、辛みの中に旨味がすごい!これはお酒がすすむ味です!
他にも各店舗から戸越銀座商店街ならではのオリジナルメニューが提供されています。宮城県産の大粒カキフライを使った「大粒カキフライバーガー」や、気仙沼の赤エビを使った「エビマヨ」や「エビカレー」、「三陸帆立と若布の柳川風」などなど魅力的なメニューが盛り沢山。どれを食べるか迷っちゃいますね。

うみうまフェア in 戸越銀座商店街 キャンペーンイベント情報

11月1日(水)から11月30日(木)の期間中、戸越銀座商店街のうみうまフェア対象商品3点を購入し、スタンプを3つ集めると、抽選で素敵なプレゼントが当たります。詳細はイベントポスターをご覧ください。また11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)には、ミニマルシェを設置し、UMIUMAグルメを販売。この機会にぜひUMIUMAグルメを食べて、素敵なプレゼントに応募してみてはいかがでしょうか。​

『三陸・常磐 うみうまフェア』概要​
期間:2023年11月1日(水)〜11月30日(木)​
参加店舗数:関東:33店舗 / 関西:26店舗 / 戸越銀座商店街:30店舗 / FISH A WEEK:1店舗​ 『三陸・常磐うみうまフェア』の情報はこちらから:https://umiuma.jp/lp/fair2023/
戸越銀座商店街のコラボ情報はこちらから:https://umiuma.jp/lp/fair_ginza2023/

海の幸がたっぷり楽しめる『うみうま』。店舗は、レギュラーメニューだけでなくフェアの特別メニューも、となると大変そうですが、生の海産物ではなく、しっかり下処理され加工された水産加工品を使っているので調理しやすいのだとか。加工品というとスーパーなどでも冷凍食品などでよく見かけますが、お店の方々は「ちょっとものが違う!すごく良いよね!」と品質を絶賛していました。カキ、しじみ、帆立、海老などなど沢山の『うみうま』オリジナルメニューが揃っていて、本当に何を食べようか迷ってしまうほどです。今回、平日の日中に伺いましたが、皆さん口を揃えるのが「戸越銀座は平日と週末では全く別の街になる」ということ。平日は近隣にお住いの方や働く方の“地元の商店街”ですが、週末は美味しいもの、食べ歩きなどを楽しみに観光客が溢れかえる観光地へと変貌するそうです。週末はミニマルシェも行われ盛り上がりそうですよね。ゆっくり楽しみたい、色々食べたい方は平日に訪れてみるのもいいかもしれません。

復興水産加工業販路回復促進センターについて
復興水産加工業販路回復促進センターは、東日本大震災の被災地域における水産加工業等の復興を支援し、販路回復を望む水産加工業等をサポートしています。その支援の一環として、寒流と暖流が交わる世界三大漁場である三陸・常磐地域から、“うみ”の“うまいもの”を厳選して紹介するサイト「UMIUMA」(https://umiuma.jp/)を運営しています。