SNSは現代社会において、自宅や学校、職場に次ぐ第3の居場所として、多くの人がコミュニケーションを楽しんでいますよね。
しかし、自由な発言ができることから生じる問題の一つが、誹謗中傷やアンチコメントなどのネガティブな要素です。これらに対処することは、SNS利用者にとって非常に重要なテーマとなっています。
TikTok Japanは、このような問題に取り組み、デジタルの世界を学校や家庭以外の安心できる場所に変えるために、「#ちょっとよくするムービーコンテンスト」を主催しました。コンテストでは、TikTokユーザーから、デジタルの世界を「ちょっとよくする」アイディアをテーマにした様々な動画を募集し、各賞を選出。11月25日に東京某所で授賞式が開催されました。

最初に主催者を代表してTikTok Japanの金子陽子さんからイベント開催の挨拶がありました。TikTokにおいて、以前は若い女の子たちが踊っている動画が主流だった印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では生活における思いや悩み、新しいアイディアなど、多岐にわたる動画が投稿されるプラットフォームに変化しています。運営者として様々な動画を視聴してきた中で、利用者が素直な思いや考えを表現できる場と感じていると話し、その上で、皆さんが多様な意見を発信し続けられる場であるためには、その場が安心・安全であることが不可欠であると強調しました。そして、このような多様性のある動画が増える中で、このデジタルの世界をより良いものに変えていきたいと、今回のコンテスト開催に至った背景を説明しました。

続いて当コンテストのアンバサダーと審査員の紹介です。

アンバサダー
左からISSEIさん(TikTokクリエイター)
ginjiroさん(TikTokクリエイター)
Erikaさん(TikTokクリエイター)
込山 榛香さん(AKB48)

審査員
左から湯浅誠氏(東京大学特任教授)
山口真一氏(国際大学 GLOCOM 准教授)
荻上チキ氏(NPO 法人ストップいじめ!ナビ 代表理事)

Good Place 賞

デジタルの世界がよりよい居場所になるための素敵なアイディアを表現している動画に送られる賞です。

みか@ライスペーパーネキさんコメント
アンチコメントが書かれたライスペーパーに生クリームを包んで食べる、というこの動画で伝えたいことは、アンチは減って欲しいけど、やっぱり来るのは当たり前なので、もし来たときは気にせず食べて忘れましょうということです。私の動画を見て、元気になったり、アンチはやめようと思ってくれたらとても嬉しいです。

Innovative Safety 賞

デジタル世界が誰にとっても安全・安心な場所となるアイディアをあっと驚くような方法で表現されている動画に送られる賞です。

かずくんさんコメント
かずくんさん本人がメイクをしているこの動画で伝えたかったことは、美容の動画を投稿している中、美容はどうしても女性のものという固定概念が強くあると感じ、動画を投稿している当初はそれに対する誹謗中傷も多かったことを述べ、一方で、少しでも誹謗中傷が減ればよいと願い、その思いを動画を通じて表現しました。

Change the Future 賞

デジタル世界のこれからを変えていくようなアイディアを表現している動画に送られる賞です。

ゆみさんコメント
ボランティアで小学生の子供たちの居場所作りをしている中で、「居場所」の力は本当にすごくて、無限大の力があるなと毎回感じています。TikTok などのオンライン上でも、自分らしくいられて、みんなが認め合える「ちくちく言葉」ではなく、「優しい言葉」でいっぱいの、自分らしくいられる素敵な「居場所」「サードプレイス」になって欲しいと思っています。

Inspire Creativity 賞

表現の仕方や企画性が素晴らしく、視聴した人が鼓舞されるようなクリエイティビティあふれる内容の動画に送られる賞です。

やすこうぴさんコメント
アンチとゲームセンターにあるパンチングマシンをかけたこちらの動画では、パンチングマシンは殴ってストレスも解消できて良いと思いますが、アンチというのは自分がストレス解消できたとしても、誰かが傷付いてしまうという意味を込めました。最後のところでは、言葉の可能性は、すごく人生において豊かになることもあるが、その裏で人を傷つける力も持ってるという僕の考えを入れました。

続いて審査員特別賞4作品が発表されました。

なのさん のんちぇるさん
えみごんさん タイガの振り付けさん

#みんなでよくする賞

デジタル世界をみんなでよくしていくという多様性にあふれた動画に送られる賞です。

Haruki and Ashleyさんコメント
日本とアメリカの国際カップルとして活動をしているHaruki and Ashleyさん。
今回の動画を投稿した経緯について、人はポジティブなコメントよりもネガティブなコメントに意識が向いてしまう傾向がありますが、ポジティブなコメントがあることにより、もっともっと頑張ろうと思えます。ネガティブなコメントに目が向いてしまいがちだけど、ポジティブなコメントにも同じくらい力があることを伝えたかった、そして、これからも動画を通じて皆様を笑顔にしていきたいです。

#ちょっとよくする賞

デジタル世界をちょっとよくする素敵なアイディアを表現している動画に送られる賞です。

【公式】高知学園 高知中学高等学校さんコメント
こちらの動画を投稿した経緯に関して、ご自身がクラスの生徒たちと関わる中、今の子どもたちとSNSは切っても切り離せないものだと感じています。彼らは日常的にSNSを利用し、そこでさまざまな情報やコミュニケーションを得ています。 この現実を受けて、SNSの画面の先にも自分たちと同じようなリアルな世界が広がっていることを伝えたかったです。

最後に、事前ノミネートの中から会場の皆さんの投票で選ばれた特別賞の発表です。

特別賞

限界社会人しらじろうさん

特別賞に選ばれたこちらの動画は、
「そう思えば、学校でSNSの授業とかなかたよな」
「でも、これからはやるべきだと思う」
「どんな授業になるんだろう?」
「僕だったら、みんなが助けられたコメントとか教えてほしいな」
「みんなだったらどんなことを教えてほしい?」 
この様なテーマを視聴者に問う動画です。

続いて湯浅誠氏(東京大学特任教授)山口真一氏(国際大学 GLOCOM 准教授)による安心・安全な居場所のスペシャル講義がありました。

まずは、繋がりと居場所の重要性、現代の特徴について湯浅氏からお話がありました。皆さんに居場所はありますか?と尋ねた上で、調査結果では日本人の居場所の数は平均2.64か所。居場所の数が多いと答えた人の方が幸せだと感じている率が高かったと述べ、居場所の数が多ければ多いほど自己肯定感が高くなると話しました。
続いて、山口氏から安全・安心なデジタル世界を作っていくための講義がありました。
SNSで他人の投稿と自分を比較してしまうことにより、劣等感を感じてしまう人が多く、世界中で問題視されています。青少年の中にはインフルエンサーが投稿した加工された写真と、自分を比較してネガティブな影響を受け、拒食症になったケースも発生しています。改善策の一例として、ノルウェーではインフルエンサーが写真を加工して投稿した際に、加工を明記することを義務付ける法律ができたと述べました。
投稿の特性を理解することが重要で、それが生活の一部を切り取ったものであり、良い所だけを投稿している事実を強調しました。最後に、他人と比較することの無意味さを話し、「昨日の自分と比べよう」と呼びかけました。

授賞式への参加を通じて、これからますます生活の一部となるSNSの世界に対する理解が深まりました。受賞されたクリエイターさんたちも、その重要性に真摯に向き合い、みんながその問題に立ち向かっていることが分かりました。利用者全員がこの重要な課題に意識を向ければ、より良いSNSの世界が広がることでしょう。
TikTok をはじめ、未来のSNSが、私たちにとって、より良いものになることを心から期待しています。