プロ野球・パリーグの北海道日本ハムファイターズが本拠地にした事で話題になった北広島市。札幌市に隣接する地域で、広大な自然環境と都市のバランスが取れた魅力的な地域です。
本日は、北広島市と株式会社日本エスコンが主催する『駅西口周辺エリア活性化事業』の記者発表会が開催されましたので、その様子をレポートいたします。
このプロジェクトは、地域の活性化と発展を促進するために着実な取り組みを行っており、北海道日本ハムファイターズの新球場『ES CON FIELD HOKKAIDO』を核とする北海道ボールパークFビレッジへのアクセス拠点としての重要性を強調しています。会場では、開発の概要や将来の展望について詳細が発表されました。

北広島市の歴史や本事業について

最初に、北広島市長 上野正三氏が登壇し、北広島市の歴史や本事業についての思いを語りました。
JR北広島駅西口エリアの未活用地の活性化は、地域経済や定住人口増加に貢献する重要な課題であると述べ、平成28年には、北海道日本ハムファイターズの新球場建設地として誘致活動を行い本事業が始まったと話しました。
また、北広島市は明治17年に広島県からの移住者が開拓を始めてから今年が140年目の節目の年で、「自然と創造の調和した豊かな都市」を目指すことを強調しました。特に、札幌市との隣接地という立地の優位性を活かし、市の顔となる賑わいと交流を生む拠点を目指しています。
最後に、市民の皆さんが将来も安心して暮らせる街を築くことを目指すと述べ、地域の発展に向けての意欲を示しました。

続いて、株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント取締役 事業統括本部長 前沢賢氏からご挨拶がありました。
冒頭で、昨年無事にES CON FIELD HOKKAIDOが開業できたことを喜び、その成功には日本エスコン様をはじめ、多くの事業パートナー様の涙ぐましい努力があったことに感謝の意を述べました。私どもが目指すのは、食、住、遊、学を統合した新しいモデルを北海道に根付かせることであり、さらにグローバルなマーケットにも進出することです。そして、引き続き日本エスコン様と北広島市との協力を強化し、このプロジェクトを進めていきたいと述べました。

「Le JADE(レ・ジェイド)シリーズ」と「駅西口周辺エリア活性化事業」全体概要

続いて、株式会社日本エスコン 執行役員 開発事業本部 北海道支店 支店長 加藤嘉朗氏から、分譲マンション「Le JADE(レ・ジェイド)」シリーズについての説明と、「駅西口周辺エリア活性化事業」全体概要の説明がありました。
最初に、分譲マンション「Le JADE(レ・ジェイド)」シリーズについての説明として、同じ企画・コンセプトはなく、その土地の魅力を最大限に引き出すマンションブランドです。品質にこだわり、これまで13,500戸を超える多くの良質な住まいを全国で供給してまいりました。ここ北海道では、2022年に、北海道ボールパークFビレッジにおいて「レ・ジェイド北海道ボールパーク」を販売し、6,000件を上回る反響をいただいて好評のうちに完売いたしました。以降札幌市内において二物件を供給し、いずれも完売しております。「レ・ジェイド北海道ボールパーク」の近接地には高齢者向けの賃貸住宅の建設も順調に進んでおり、建物内にはレストラン、大浴場、クリニックなどの多彩な共用施設を予定していると語りました。

完成予想CG

「駅西口周辺エリア活性化事業」の説明では、商業施設と都市型ホテルによる複合交流拠点としての整備をするA敷地と、分譲マンション「Le JADE(レ・ジェイド)」として計画をするB敷地の二つの開発を同時に進行させ、北広島駅からA敷地を通りB敷地までペデストリアンデッキでつなぎ、商業施設と都市型ホテルの複合交流拠点を整備し、北広島駅周辺の活性化に取り組む計画を紹介しました。

完成予想CG

A敷地では、1階から3階までがトナリエ北広島として商業施設、4階から14階までがコミュニケーションフロアおよび158室のホテルとして計画されています。これは、北広島市民だけでなく訪れる方々にも活気を与える拠点として、2025年3月のオープンを予定していますと述べました。

レ・ジェイド北海道北広島

完成予想CG

続いて、株式会社日本エスコン 開発事業本部 首都圏開発事業部 首都圏企画販売部 マネージャー 長嶋俊彰氏より、B敷地の分譲マンション「レ・ジェイド北海道北広島」の魅力について説明がありました。

コンセプトは「3LINKS」

街と人とを結ぶ「3つのつながり」によって、Fビレッジの玄関口としての北広島駅西口エリアやその周辺に新たな賑わいを創造することを目指しています。

ペデストリアンデッキで北広島駅より徒歩4分

完成予想CG

完全歩車分離の安全・快適な歩行動線を確保し、さらにB敷地内の公開空地を通り北広公園へつながる動線を設けることで、北広島駅から北広公園までを一 体化し、新しい人々の賑わいを創出いたします。

外観意匠

完成予想CG

北海道を感じさせるレンガ調の素材や北広公園の 木々を感じる格子状のルーバーを設けるなど、エリアに調和したデザインによって、北広島駅西口の新しいランドマークとなります。

共用施設について

完成予想CG

エントランスラウンジは「地域交流拠点」を兼ねて利用できるよう計画いたしました。通常は居住者専用のスペースとしてご利用いただき、地域の方からご利用の希望があった際には、セキュリティラインとレイアウトを切り替えて、地域のお祭りや映画観賞会、展示会などのイベントにご活用いただくことが可能です。

認可保育所と生活利便施設

完成予想CG

北広公園と同レベルとなる1階フロアでは、北広公園側に開放された認可保育所(予定)と、地域の人や居住者の方の生活利便性向上に寄与する生活利便施設を予定しています。北広公園の豊かな自然とともにお子様を健やかに育む施設として、北広島の子育て環境の充実に貢献します。

パーティールーム

完成予想CG

1階には、居住者専用の施設として、二層吹き抜けのパーティールームを設けました。 ハイサッシによる明るく開放感溢れる空間を醸成し、様々な利用目的を想定してテーブル席、ソファー席を用意。 オープンキッチンも配置して、ご家族やご友人とのパーティシーンなどに対応します。

居住者全員が利用可能なパブリックテラス

完成予想CG

屋上には、最上階住戸専用のプライベートテラスに加えて、居住者全員の方がご利用可能なパブリックテラスを設けます。北広島のまちや雄大な森林、さらにFビレッジを見晴らすことのできる、快適な眺望を堪能できます。

北広島市の新たなランドマークとして期待される『駅西口周辺エリア活性化事業』は、地域の魅力を最大限に引き出し、街に新たな活気をもたらす重要な一歩として注目されています。
2025年3月には、商業施設やホテルとしての機能を兼ね備えた施設がオープンし、市民や訪れる方々にとって魅力的な交流の場となることでしょう。
北海道の新たなランドマークとして、北広島市が生まれ変わることに注目ですね。


<当物件に関する事項について>

『レ・ジェイド北海道北広島』物件サイト
URL:https://sumai.es-conjapan.co.jp/kitahiroshima197/
問い合わせ先:『レ・ジェイド北海道北広島』販売準備室
TEL:0120-67-0404