コンビニで手軽に利用できる低糖質フードを実食し、低糖質度、味、満足度、コスパ、栄養バランスの5つの視点で採点し真の王者を決定した。果たして、本当にうまい低糖質フードはどれだ!?

◆チョコレート編


 仕事中にちょこっとつまみたくなるチョコレート。ナチュラルローソンとロッテのコラボ商品であるノンシュガーチョコレートと、明治のおいしいオフはどちらもしっかり甘さを楽しめて優秀だが、「ビターとスイートの二層構造という工夫を評価して、ナチュラルローソンが僅差で勝ち」(コンビニ研究家の田矢信二氏)。

 ロッテオリジナルのZEROは「一個あたりが大きくて、つい食べすぎてしまう。板チョコの形状にこだわりがあるのかもしれませんが……」(管理栄養士の三城円氏)とパッケージの不親切さで3位に甘んじた。

<チョコレート対決>

1位 LOTTE ZEROノンシュガーチョコレート(ナチュラルローソン)148円
低糖質度★★★★☆
味★★★★★
満足度★★★★☆
コスパ★★★★☆
栄養★★★☆☆
20点

2位 おいしいオフ砂糖ゼロ(明治)140円
低糖質度★★★★☆
味★★★★☆
満足度★★★★☆
コスパ★★★★☆
栄養★★★☆☆
19点

3位 LOTTE ZEROノンシュガーチョコレート(ロッテ)213円
低糖質度★★★★☆
味★★★★☆
満足度★★★★☆
コスパ★★★☆☆
栄養★★★☆☆
18点

◆プリン編


 残業で疲れて帰る夜に、ふらっと買って帰りたくなるプリンは、糖質量(3.6g)、コスパ(125円)と味の総合点で森永の「おいしい低糖質プリン」が1位。

「日本スイーツ協会理事の辻口博啓氏がプロデュースしているということでスイーツ好きも満足の味になっているのでは」(田矢氏)

 店舗数は限られるが糖質量2.6gを実現したシャトレーゼが2位。注目のRIZAPプリンは、味や食感は大満足だが糖質量が7g(カスタード)とほかに比べてダントツに多いので3位となった。

<プリン対決>

1位 おいしい低糖質プリン カスタード(森永)125円
低糖質度★★★★★
味★★★★★
満足度★★★★★
コスパ★★★★☆
栄養★★★☆☆
22点

2位 やさしい糖質生活プリンキャラメルナッツクリーム(シャトレーゼ)173円
低糖質度★★★★★
味★★★★★
満足度★★★★☆
コスパ★★★★☆
栄養★★★☆☆
21点

3位 RIZAPカスタードプリン(ファミリーマート)158円
低糖質度★★★☆☆
味★★★★★
満足度★★★★☆
コスパ★★★★☆
栄養★★☆☆☆
18点

【三城 円氏】
管理栄養士。“食べるダイエットで食の自立”を基本とし、ダイエット、摂食障害、アスリートなど、それぞれの目的に沿った食事コンサルティングを行うパーソナル管理栄養士として活躍

【田矢信二氏】
コンビニ研究家。コンビニ大手2社で現場を経験。著書に「セブンイレブン流98%のアルバイトが『商売人』に変わるノート」(TWJ BUSINESS)。サーベイリサーチセンター所属

― T1グランプリ ―