連日盛況となっている冬の風物詩「第53回元祖有名駅弁とうまいもの大会」。ワイドショーなどの露出も増えたせいか、会場内は汗ばむほどの人でごった返している。

 前回の「新作牛肉駅弁対決」では大ボリュームの肉駅弁に舌鼓を打った記者だったが、今回はもうひとつの対決企画「人気の海鮮、ウニ対決」で大々的にフィーチャーされている新作ウニ3弁にチャレンジする。

 駅弁と言えば「海鮮」が王道であったが、昨今の肉ブームで、駅弁大会の肉系と海鮮系の比率は5:5となっていると言う。そんななか、肉系の代表が「牛肉」だとしたら、海鮮系の王様は「ウニ」。そのオレンジ色は、プリン体の摂取に及び腰になる中年の記者をも虜にしてやまない。

 ウニ対決の先鋒は、福島県は小名浜からやってきた「うに貝焼き食べくらべ弁当」(福島県 常磐線 いわき駅/1380円)。実演販売初登場の「小名浜美食ホテル」が製作した、豪快な逸品だ。

 掛け紙を取ると目に飛び込んでくるのは「オレンジと赤」。酢飯の上にびっしりと敷かれたウニとイクラの鮮やかなこと! 大粒のウニの奥には、貝殻にこんもりと盛られた貝焼きウニ。ホッキ貝の貝殻にウニを盛り付け、蒸し焼きにしたインパクト大のそれは、いわきの郷土料理だとか。

 箸でウニの小山を崩し、ペロリとひと舐めすれば、口中一杯に広がる磯の香り。弁当にありがちな“ミョウバン臭さ”は一切なく、これぞウニ本来の味。貝の周りを埋め尽くしているのは蒸しウニ。こちらはねっとりと濃厚、あっという間に舌の上で溶けていく。その感激をイクラで追いかければ、至福。ガリと酢飯がアクセントとなるため、どんどん食べ進めることができる。

 次鋒はウニの一大産地、岩手県からやってきたのは「香ばし海苔とうにごはん」(岩手県 東北本線 一ノ関駅/1100円)。

 素朴な掛け紙を外す前から、鼻腔を襲っていた“磯の香り”。掛け紙を外すと、オレンジと緑の見目麗しいコントラスト。海苔とわかめの佃煮の絨毯の上にこんもりと盛られた蒸しウニ。イクラと玉子がオレンジをさらに引き立てる。

 弾力のある蒸しウニをひと口、程よい塩気が海を感じさせる。ウニの殻を模したという海苔と、すき昆布とウニを炊き込んだゴージャスなご飯を一緒に口に放り込む。どっと押し寄せる磯の香り。箸休めのわかめの佃煮はしそ風味、山ごぼうの醤油漬けのコリコリ感、その変化が実に楽しい。さすが120年の歴史を持つ調整元の駅弁だけある。

 最後は海鮮系駅弁の雄、北海道は小樽からやってきた「まるごと雲丹と本ずわいのっけめし」(1480円/北海道 函館本線 小樽駅)。駅弁好きの間では名弁の誉れ高い「海の輝き」を生み出した「小樽駅構内立売商会」が自信を持って送り出した新作だ。

 意外と大きい箱に期待を膨らませつ掛け紙を取ると、まさに「宝石箱」だ。そぼろ状になった蒸しウニがびっしりと敷かれ、その上には本ずわい蟹の爪肉と棒肉がデンと鎮座。レンコンの扇から放射線状に伸びる蟹の足は、芸術品の域。

 まずはウニから。出汁で煮込んでいるウニは少し甘めの仕上がり。おぼろ昆布と塩昆布、2種の昆布を敷いた酢飯とともにいただくと、グンと伸びてくるウニの風味。カニの爪を手で豪快に掴み、肉を吸い取るように食べる。カニの甘みとウニ飯の甘みがマッチして、さらなる美味しさに。つけ合せの数の子の山海漬けも“北海道の味”で抜かりない。

 今回の駅弁大会では、幻の駅弁と言われた岩手県三陸鉄道の「うに弁当」の実演販売にも多くの行列ができていた。ウニは肉系とは違い素材本来の味で食べさせる王道の駅弁。「ウニの存在感ここにあり!」老若男女を虜にする実力を思い知らされる対決であった。

 駅弁記者は明日以降も会場に出没し、注目の味、鉄板の味、隠れた逸品、珍品をレポートします!
 <取材・文・撮影/駅弁記者(参加=11年連続16年目)>