―[麺すすり子のラーメン巡礼]―

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。

 みなさん、辛いものはお好きですか。すすり子はラブです。辛いものって急に食べたくなりますよね。しかも、ハードめなものを求めてしまいますよね。それがラーメンだったなら、なおサイコーですよね。こんなニーズに応えるように、身近なコンビニのカップ麺コーナーには必ずといっていいほど真っ赤なカップの麺がひとつは置いてある気がします。

 そこで今回は、〈今、コンビニで売っている「激辛カップ麺」〉4種類の食べ比べをしてみました。激辛ラブなすすり子が辛さを5段階で評価しております。よりハードな刺激を求める方はご参考くださいませ!

◆鼻腔に幸福をもたらす「花椒入り唐辛子」

 まず1つ目が、ファミリーマートで販売中の「175°DENO汁なし担担麺」です。こちら札幌が本店の有名店監修。後入れの花椒入り唐辛子でお好みの辛さに調節できます。まずは半分入れて「うま辛」でいただきます。

 やわふわもち麺が健在です。これはカップ麺ではありがたい食感。そして辛さですが、半分でうま辛とのこと、うむたしかに。激辛ラバーにはピリ辛です。即スパイス全入れに切り替えます。うーーーん、フルーティでスパイシーな香りが鼻腔をくすぐります。麺のやさしい食感×スパイシーな辛さとほどよいシビレがクセになりそう。汁なしということもあり、たまにすくい上げる大きめの挽肉がステキなアクセントでにやけちゃいます。

 激辛ラバーが汗はかけませんが、ほどよいシビレと麺量には満足できるかと思います。シビレラバーさんには特にオススメしたいです。

 すすり子的辛さ評価は「星3つ★★★」です。

◆野菜と生姜とアニマルが織りなす「香りの三重奏」

 2つ目が、ローソンで販売中の「東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」です。激辛ではなく辛激。ステキな単語ですね。カップ内の赤い粉末と後入れ辛激ペーストがこの麺の刺激成分のようです。それではいただきます。

 しっかりした辛みが舌を包み込んでくれます。ひとくち目ではきもちいい〜辛さ。タンメンなので具材たっぷりで食感もたのしい。なんといっても野菜の甘味がひきたちます。辛激スープ×野菜の甘みのコントラストがたまらんクセになります。このスープ、しっかりアニマルな味がします。これがびっくりするくらいすすむ。グイグイすすむ。パッケージに「生姜の風味」とありますが、たしかにスパイシーな香りの奥に生姜のツンとした香りもいる気がします。

 激辛ラバーが軽く鼻をすすりながら食べられる辛さです。単に辛味成分を注入したい方だけでなく、おいしいカップ麺としての満足感を求めたい方にもオススメしたいです。

 すすり子的辛さ評価は「星4つ★★★★」です。

◆鮮烈でありながら心地よい「唐辛子の主張」

 3つ目が、ファミリーマートで販売中の「味仙 台湾ラーメン」です。台湾発祥ではなく、名古屋発祥というのがミソですね。こちらの刺激成分も、カップ内の赤い粉末と後入れ辛味油です。それではいただきます。

 ひとくち目から、辛い! 出だしのインパクト花丸満点です。勢いよくすするとむせる、お店の刺激スープは健在です。シビレなどはなく、ただただ鮮烈な辛さが突き抜けます。とにかく唐辛子の主張スープなのですが、辛けりゃいいだろ感はまったくない。唐辛子のうまさを最大限に味わうための麺、という印象です。唐辛子って本当においしい。こんなに唐辛子が主張するのに旨辛に収まる麺はこれしかしらん。

 激辛ラバーが汗をかける辛さです。今日は唐辛子に右ストレートをくらいたいな、という方にオススメします。

 すすり子的辛さ評価は「星5つ★★★★★」です。

◆中毒性の高い「カプサイシン×味噌」

 最後4つ目は、セブンイレブンの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」です。「お店には行ったことはないけど、カップ麺なら食べたことがある」という人もいるくらい定番となりつつある激辛コンビニ麺ではないでしょうか。こちらの刺激成分も、カップ内の赤い粉末と後入れ辛旨オイルです。それではいただきます。

 ひとくち目からピリリと辛さを感じます。そしてその辛さはじわじわと蓄積していきます。攻撃的です。なんといってもそこに味噌というのがいい。こんなにカプサイシンに攻撃されてもなお、なぜだかほっとしてしまうやさしさがあります。旨辛味噌のもつ充足感・満足感すごい。カプサイシンの攻撃力×味噌のうまやさしい味で判断力がおかしくなるのですが、結果うまい。これが中毒性というやつでしょうか。たまの野菜の甘みがオアシス。キクラゲと豆腐のセッション麺はここでしか見られないぞ。

 激辛ラバーが汗をかける辛さです。辛さとやさしさのアメとムチに支配されちゃいたい方にオススメです。

 すすり子的辛さ評価は「星5つ★★★★★」です。

 以上、4種類のコンビニ激辛麺食べ比べでした。ここまでの刺激物をコンビニで手軽に数百円で手に入れられる時代のスゴさを感じたすすり子です。辛さレベルも違えば、味もまったく違う4種類。これまたみなさんそれぞれのラブの探しがいがありますなァ〜。それぞれの辛さたちにアディクトされちゃってください。

 ごちそうさまです!

【麺すすり子】
ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員。豚骨ベースの鹿児島ラーメンで育ち、18歳で上京してラーメンの幅広さと奥深さに取り憑かれる

―[麺すすり子のラーメン巡礼]―