―[麺すすり子のラーメン巡礼]―

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。

 世の中にはたくさんの魚介系ラーメンがあります。魚介の数だけラーメンがあると言っても過言ではない。お魚ラーメンの可能性is無限大。その中でも今回、すすり子がイチオシしたいのが、すすり子的赤身のキング「まぐろ」のラーメンです。ラブまぐろがラブラーメンに姿を変えたら愛おしさしかないに決まっている。

◆うまみが凝縮された「まぐろラーメン」に出会う

 こちらが「まぐろラーメン」をいただけるお店『まぐろラーメン 大門』さん。埼玉県の川越駅近くにあります。

 外観の「うまいラーメンはオレにまかせろ!」の文字が頼もしいです。

 こちらがその「まぐろラーメン」。これがまぐろ…! こんなにおいしそうになってしまって…。

 早速いただきます。スープをいただくと、まぐろの味がお口いっぱいに広がっていくのがわかります。沁みた…。まぐろのうまみがぎゅ〜〜っとつまっています。お刺身で食べるのとも焼き魚で食べるのともちがっていて、おいしいところだけ抽出されて、それがダイレクトに伝わってくる感じです。

 まぐろをスープにするとこうなるのね。このまぐろ感がカエシと相まって香ばしい〜〜〜。そこにこの湯気の立つスープのアチアチ感が、なおたまらん。こんなにアチアチなのに、スープのうまみをめためたに感じちゃうのなんで? すんんごい。

◆まぐろスープとチャーシューの相性は…

 このスープ、本まぐろの頭を一度焼き、それを大量に使っているとのこと。そこに昆布やカツオサバ節、煮干しなどを投入。うまみの相乗効果がバチバチにキマっています。

 そんなスープから姿を現すこちらの麺。モチツルの全粒粉麺です。まぐろをまとった小麦が想像以上のウマさ。全粒粉ならではのコシがあって、食感まできもちいいい。あっさり見えるスープに食べ応えを与えてくれています。

 そして、なんといっても目を惹くのが、この大判チャーシュー。肉のうまみを噛みしめます。注文の都度炙っているというこのチャーシュー。炙りチャーシューの香ばしさ×まぐろスープの香ばしさの相性が驚くほどよい。この香ばしコンビってなかなかないです。新しい。

 このスープ、後半にかけてスープの油や大判チャーシューの脂がまぐろスープと混ざり合い、魚介と豚骨のまろやかなスープへと変化していきます。魚介×動物、Wのうまみ。

 確実にまぐろへの愛が深まってしまうこの一杯。まぐろのおいしいとこだけいいとこどり。「赤身のキング」はラーメンになってなお尊い。まぐろ×ラーメンの合わせ技にトキメキしかありません。

 ごちそうさまです!

【麺すすり子】
ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員。豚骨ベースの鹿児島ラーメンで育ち、18歳で上京してラーメンの幅広さと奥深さに取り憑かれる

―[麺すすり子のラーメン巡礼]―