この春は大変身して新しい自分でスタートを切りたい。しかし「おしゃれはしたいが先立つものがない」「男性メイクに興味はあるけど自分でやるのは自信がない」――。そんな男性の悩みを解決すべく、プロが格安でできる「男の見た目」改造術を伝授。安価でイケてる男に生まれ変わろう!

◆見た目で最も大事なのは“清潔感”

 男性の印象はどこで決まるのか。美容医療を手がける磯村亮輔氏に尋ねた。

「見た目で最も大事なのは“清潔感”。人は相手のことを『肌→髪の毛→服装』の順番で見ます。最初に目に入る部分に清潔感がないと、それが第一印象として残ってしまうのです」

 男性コスメが流行しているように、現在は美意識の高い男性も増えてきている。この傾向に関して磯村氏は次のように分析する。

◆女性が男性に求める容姿の水準が上がった

「テレビやSNSの発達でかっこいい男性を見る機会が増え、女性が男性に求める容姿の水準が上がった。そのおかげで男性側も波に乗り遅れないようにケアしておこうという意識が高まったのでしょう。美容ケアは自身の意識の向上だけではなく、周りに好印象を与えます」

◆どこを変えればいいのか?

 では、ピンポイントでどこを変えれば印象が変わるのか。磯村氏は続ける。

「コロナ禍のマスク生活で口元が隠れている分、目元を気にする人が増えてきました。その際、目の下のたるみやくまがあると老けた印象に。たとえ二重まぶただとしても加齢で垂れ下がると、寝不足で疲れた印象を与えてしまいます。ビジネスマンとして好印象を持たれるには、ハリのある若々しい目元が重要となってくるでしょう」

 近年は男性も整形する時代。磯村氏の医院には見た目の印象を気にする営業マンや会社社長の来院が増えたという。

「目の下のたるみや頬のたるみは整形すれば10歳くらいは若返る。目の下は10万円前後、二重手術は数万円から。そして頬のたるみは10万円から相談できます。頬のたるみなどマスクで隠れている部分を今のうちに整形する方もいます」

 安価でかっこよくなれるのはいいに越したことはないが、いざとなったら整形という手段も視野に入れておくのもいいかもしれない。

◆【美容外科医・磯村亮輔氏】

横浜市立大学医学部医学科卒。YBC横浜美容外科大宮院院長。症例数1万件の信頼の実績を持つ。現在YouTubeチャンネルやTikTok、Instagramなどで美容に関する情報を発信中

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[[男の見た目]激変マストバイ]―