厳しい経済情勢、仕事の面で苦戦している方も多いなか、できることなら運も味方につけたいという人もいるだろう。そこで芸能界最強の占い師・ゲッターズ飯田氏の一番弟子で、自身も数多くの男女の開運を成功させてきた占い師・ぷりあでぃす玲奈氏に開運ビジネスファッションを聞いてみた。

◆2022年は今後の発展のため準備をする年

「22年は今後の発展のため準備をする年。使い古した服やビジネスアイテムは買い替えるのが吉です」

 特に有効なのは足元だという。

「土台を固める年なので、シューズやソックスを買い替えるのは特にオススメ。ほかにも特にこだわりなく使い続けてきたペンなどの文房具や名刺入れなどの小物も見直したほうがいいでしょう。今年固めた土台が今後の9年間の成長に影響するので、価格帯は今の自分より少し背伸びするくらい、普段2万〜3万円のシューズを履いているならもう1万円高いものを買ってみるくらいがいいでしょう」

◆気になるラッキーカラーは?

 気になる今年のラッキーカラーは3色とのこと。

「①コバルトブルーのような鮮やかな青、②ライラックのような薄い紫、③アイボリーのような黄色味がかった白が今年は開運をもたらします。とはいえ、コバルトブルーやライラックをジャケットなどにもってくるのはハードルが高いので、例えばソックスや肌着など見えにくい箇所や小物に取り入れるのでもOK。職場のTPO的に許されるならブルーやアイボリーのスニーカーなどにして相乗効果を狙うのもアリでしょう」

 ちなみに開運ファッションにおいて年を問わず重要なのが襟元や袖口なんだとか。

「襟元や袖口が緩んだり汚れたりしている服を着ているとそこから“気”が抜けていきます。仕事運を気にするならここは特に気を配るのがオススメです」

 今年は運勢を味方につけ、まさに心機一転を目指したい。

【占い師・ぷりあでぃす玲奈氏】
”芸能界最強の占い師”ゲッターズ飯田の一番弟子。五星三心占いと自身のモデル経験や知識を生かした開運ファッションを得意とする

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[できる男の正解服]―