コロナ禍においても富裕層はますます裕福になっていることが明らかになった。彼らは、最低でも3億円や10億円以上の金融資産を有する顧客向けに特化した「プライベートバンク」を使っている。そこではどんな商品やサービスが提供されているのか。知られざる実態に迫る!

◆コロナ禍で世界の富裕層はいかにして富を増やしているのか

 お金持ちは、お金を持っているという理由だけでますますお金持ちになる――フランスの経済学者トマ・ピケティが世界的ベストセラー『21世紀の資本』で主張したことが、まさにコロナ禍で起きている。

 ピケティ氏らが運営する世界不平等研究所の報告書によると、世界の上位10%の富裕層が世界全体の個人資産の75.6%を占めているという。特に上位1%の超富裕層だけで37.8%を占める。香港で富裕層向けの資産運用サービスに特化したウェルズ・グローバル・アセット・マネジメントCEOで国際金融ストラテジストの長谷川建一氏はこう説明する。

「コロナ禍で富裕層はますます富裕になり、世界の金融資産は“持つ者”に集中しています。ボストンコンサルティンググループの調査によると、’20年末における世界全体の家計金融資産は250兆ドル。これは過去21年にわたる同調査の中で最高額で、前年比8.3%増でした。地域別では北米が47.2兆ドルと最も多く、次いでアジア(日本を除く)が12.4兆ドル、欧州(西ヨーロッパ)が10.3兆ドル、日本は3兆ドルとなっています。’20年から’25年の5年間ではアジアは8兆ドル伸びると推計されており、アジアの富裕層が成長すると予想されています」

 北米地域の富裕層は「資産運用」の結果として富や貯蓄が増加するのに対し、アジア地域では「急速な経済成長」に伴って増加していくという特徴の違いがある。

◆日本の富裕層も拡大している

 コロナ禍で、実は日本の富裕層も増加しているという。

「野村総合研究所の『NRI富裕層アンケート調査』(’20年10〜11月実施)によると、富裕層・超富裕層の世帯数も純金融資産保有総額も増加を続け、過去最高となっています。その要因は主に株式などの資産価格の上昇と、金融資産を運用している準富裕層の一部が富裕層に、そして富裕層の一部が超富裕層に移行したため。日本でも富裕層は増加し、格差は拡大しました」

「貯蓄から投資」というスローガンどおり、さぞ貯蓄から投資が進んでいると思われるが、「この30年で現実にはスローガンとは逆のことが起こっている」と長谷川氏は指摘する。

「総務省の家計調査によると、家計金融資産に占める現金・預金等の割合は、48.7%(’90年度末)から53.6%(’21年9月)に上昇しています。また、家計金融資産に占める株式と投資信託合計の割合も16.9%(’90年度末)から15.4%(’21年9月末)と低下しています。一般的に所得水準が高まるに伴い、家計の資産は現預金などの安全資産から有価証券などのリスク資産にシフトしていくと言われますが、日本ではそれが起こらず、保守的な貯蓄偏重ぶり目立っています」

 預金金利は限りなくゼロに近く、しかも金利が上がる見通しも当分ない環境で家計の金融資産の半分以上が現預金のままでは、マス層はそこから抜け出すのは難しい。

◆富裕層だけが使うプライベートバンク

 一方で、お金持ちがさらにお金持ちになっていくのは投資、特に国際分散投資をしているからだ。なかでもカギを握るのが「プライベートバンク」の存在。長谷川氏はこれまで香港の富裕層を中心にプライベートバンクサービスを提供してきており、事情に詳しい。

「プライベートバンクとは、顧客から預かる金額に最低金額が設定されており、一定金額以上の金融資産を有する富裕層顧客向けに特化したサービスを提供する金融機関。資産の運用をサポートしたり、資産の保全や次世代への承継に備えて対策や仕組みを構築したりもします。また、富裕層ならではの特殊なニーズに対応して、グローバルなネットワークを駆使した特別なサービスを提供するプライベートバンクも存在します」

 もともとは欧州の富裕層や貴族の資金を保全する地であったスイスで、資産管理や運用の知識と実績を持つ専門家と富裕層が連帯して会社をつくり、財産を運用したことが始まりと言われている。

「ロンバー・オディエ(1796年設立)やサフラ・サラシン(1841年設立)など、銀行ライセンスを持つプライベートバンクはスイスやリヒテンシュタインなどに多くあります。また、一族のために特化した“究極のプライベートバンク”と呼ばれるファミリーオフィスという形態もあります」

◆海外では有利な金融商品を購入できる

 大規模な資本を持つ欧米の商業銀行や投資銀行、ユニバーサルバンクなどもプライベートバンク事業を展開している。

「世界最大のプライベートバンクとして知られているのは、スイスに本拠を置くUBS。米系では、証券業務や投資銀行業務に強いモルガンスタンレーや、証券業の雄だったメリルリンチを吸収したバンクオブアメリカ、商業銀行を起源とするシティバンクやJPモルガンもこの分野には力を入れています。

 世界最大の投資銀行として知られるゴールドマンサックスも、近年では超富裕層向けにプライベートバンク業務を展開しています。アジアではバンク・オブ・シンガポールが業容を拡大。今後は、東南アジアや中東などの市場が伸びると予想されます」

 日系の銀行や証券会社もプライベートバンク部門を持っているほか、プライベートバンクを標榜して営業している外資系金融もある。しかし、金融規制は国ごとに課せられるため日本では取り扱えない金融商品は多い。

「例えば、オーソドックスな金融商品である保険も『15年で4.7倍になる貯蓄型保険』や『実質ただ同然でかけられる12億円の死亡保障』など、有利な金融商品を海外では購入できるのです」

 次回はプライベートバンクで扱う具体的な商品や、より詳しい実態について迫っていく。

取材・文/SA編集室 図版/ミューズグラフィック

【長谷川建一】
国際金融ストラテジスト。シティバンクなどのプライベートバンク部門を経て、’13年に香港で起業。富裕層向けに資産運用サービスを提供するウェルズ・グローバル・アセット・マネジメントCEOを務める

―[世界の富裕層だけが知っている[プライベートバンク]の実態]―