◆カーマニアの絶望と希望

来るべきガソリン車の新車販売禁止に向けて、各自動車メーカーが続々とEV(電気自動車)を発売しているなかで、カーマニアは絶望していました。その理由の1つは、EVはどれを乗っても一緒と感じるから。排出ガス規制があるなかで、各メーカーがやりくりしていることは承知しておりますが、でも……。そんな絶望の淵にいたら光明が差してきました。

マリオ高野=文 Text by Mario Takano
雪岡直樹=写真 Photographs by Yukioka Naoki

◆あきらめないで! 違いがわかる電気自動車が登場しました

 水平対向エンジンを搭載するMTのSUBARU車ばかりを3台も所有するライター・マリオ高野です。このほど発売されたSUBARUとトヨタの合作BEV(バッテリー充電式の電気自動車のことで「ベブ」と呼ぶ)に乗った印象を報告します。

 個人的に現状のBEVは、短距離の移動手段としては理想的な乗り物だと思いますが、クルマオタクが心血を注ぎ、多くを犠牲にして情念を燃やす対象にはなり得ないと絶望しております。その理由は、現状のBEVは何に乗っても同じだと感じていたからです。

 音が静かでフル加速をすると首がボキッと折れそうになるほどの強烈な加速をする、重いバッテリーが床下に置かれるので安定感が高く、重厚感もあるといった美点が挙げられますが、これはほぼすべてのBEVに共通します。

 とりわけクルマオタクが重視する走りの味わいにおいてはどれに乗ってもだいたい同じで、エンジン車のようにメーカーごとの個性を強く打ち出せないのは明らか。違うのは加速力の強弱ぐらいで、航続距離は車体のサイズに比例。早くもBEVに飽きてきました。

 そんなかで登場したのが、ソルテラ/bZ4X(ビージーフォーエックス)です。

◆実際乗ってみてどうだったのか?

 SUBARUは、「BEVはどれも一緒」に危機感を抱き、トヨタと共同開発した姉妹車bZ4Xとは味つけを変えたと強調していましたが、実際乗ってみてどうだったのか?

 SUBARUオタクとして両車の乗り味を探った結果、ソルテラには絶望を希望に変えるレベルのSUBARUらしさが炸裂。涙が出ました。

◆四駆システムの制御に違いあり

 最大の感動ポイントは「四駆の味わい」です。ソルテラとbZ4Xは同じバッテリーとモーターを使うものの四駆システムの制御はかなり異なりました。ソルテラの四駆は乾いた舗装路での徐行時でも常に前後50対50ぐらいの比率で4輪を駆動させるので、4つの車輪が機械的に繫がったエンジン車の四駆のようにガッチリと路面を掴む感触が濃厚です。

 一方、bZ4Xの四駆は、必要がなければ2駆状態にもなる効率重視タイプ。燃費ならぬ電費は誤差程度でほぼ同じながら、走りの味わいはかなり異なります。

◆次に感動したのは…

 次に感動したのは乗り心地とカーブで車体が傾くロール感の違い。ソルテラは明確に足が固く、カーブでは少々頑張ってもほとんどロールしません。これはまさにSUBARU伝統のスポーツ車WRXの味わいではありませんか! 

 一方、bZ4Xの乗り心地はよりソフトでカーブではソルテラよりは大きくロールするなど、良い意味で万人向け。レクサスとも呼べるほどの上質感もありました。

 ソルテラの乗り味はSUBARUオタクがニンマリできるものにて、安心して他人にススメられます。ワタシには価格が高すぎて無理ですが、SUBARUのワゴンを3台も所有する同行したカメラマンの雪岡氏は、迷わずソルテラを注文しました。SUBARUのスポーツ車を存続させるために、ソルテラ&bZ4Xの人気が爆発することを願ってやみません。

◆【結論!】

BEVとはいえ、ソルテラ、bZ4Xともに、フル加速の強烈さは、首が折れそうになるほど、強烈ではありませんが、高速道路の料金所ダッシュは、SUBARU WRXより速いです!