こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。

 僕はLINE公式サービス『トークCARE』にて、年間約1500件のペースでチャット恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。

 こうして数多くの相談を受けていると、よく思い知らされるのが“事実は小説よりも奇なり”ということ。ドロドロの愛憎うずまく実話は意外と身近で起こっているものです。

 そこで今回は、某ファストフード店でアルバイトをしていた高山慎吾さん(24歳・仮名)に、彼が体験した店員間の入り乱れた愛憎劇について語っていただきます。

※この記事は本人の許可を得て掲載しています。ただし、プライバシー保護のため実際のエピソードから一部変更しています。

◆アルバイト先の某ファストフード店でドロドロの愛憎劇

 高山さんは数年前の大学生時代、誰もが知る某ファストフード店で働いていたのですが、なんと同じお店でアルバイトをしている女性店員に二股を掛けていたことがあるそうです。

「同い年のサキちゃん(仮名)、2歳年下のユウカちゃん(仮名)と同時に付き合ってた時期が2ヶ月ぐらいありました。今思えばめちゃくちゃゲスだと思いますが、当時は怖いもの知らずというか、下半身に脳みそを乗っ取られている感じで自分でも制御できなかったんです(笑)。サキちゃんとユウカちゃんはあまりシフトがカブってなかったし、二人はLINE交換もしてないぐらいの関係性だったので、意外とバレなかったんですよ」

◆2ヶ月間の二股交際をバレずに終えて修羅場なし

 サキさんとは1年間ほど交際しており、その途中の2ヶ月間でユウカさんとも付き合っていたとのこと。ただ二股がバレたわけではないのにユウカさんからは突然フラれ、その後サキさんとは倦怠期を経た末に別れることになったため、修羅場はなかったという。

「サキちゃんと別れてしばらくしてから、今度は新しくお店に入ってきたミナミちゃん(仮名)を好きなって付き合い出しました。でも、ミナミちゃんと付き合って3ヶ月ぐらい経ったときだったかな、急にサキちゃんから『話がある』ってカフェに呼び出されたんですよ」

◆なぜか元彼女から、今彼女の浮気話を聞かされる

 サキさんとはきちんと別れてからミナミさんと交際開始しているため、後ろめたいことはないものの高山さんは不穏な気配を感じていたそうです。

「サキちゃんが神妙な顔だったから、昔の二股がバレて責められるのかなと腹をくくっていたんです。でも話は全然予想外のものでした。サキちゃんは口を開くと、『慎吾って今、ミナミちゃんと付き合ってるんだよね。あの子、浮気してるよ。ちゃんと捕まえときなよ。どうにかしてよ』ってイライラしたように言い放って。どういうことかと尋ねたら、同じ店に20代後半の東條さん(仮名)っていう男の社員さんがいるんですけど、ミナミちゃんが東條さんに恋愛相談していたみたいで、僕の愚痴とかを聞いてもらっているうちにカラダの関係を持つようになったらしく……」

◆元彼女が怒っている理由……話は斜め上の展開に

 しかし、なぜサキさんが一見無関係な浮気話に怒っているのか。高山さんがしつこくサキさんを問い詰めると、話は斜め上の展開になっていったという。

「サキちゃんは、もうどうにでもなれって思ったのか、全部話してくれました。サキちゃんも僕と倦怠期の頃に東條さんに相談していて、そのうちに東條さんのことを好きになったみたいで。東條さんは恋人を作らない主義だから付き合ってるわけではないけど、カラダの関係は今も続いてるって言ってました。しかも東條さんは、サキちゃんとそういう関係になる前には、ユウカちゃんとも関係を持っていたそうで……」

◆歴代彼女が3人とも年上社員と関係を持っていた

 サキさんの話を要約すると、歴代彼女3人とも高山さんと付き合っている間に東條さんに恋愛相談しており、東條さんと男女の関係になっていたんだとか。

「僕が言える立場ではないですけど、東條さんも相当ゲスですよね。接客業の社員さんはアルバイトの子にいろいろ教える立場なので、モテるっていうのは聞いたことあったけど、正式な恋人にはしないでつまみ食いばっかしてるわけですから。車好きの東條さんはプジョーのSUVに乗ってたんですけど、ターゲットの子の仕事後に自慢の愛車に乗せて、恋愛相談と称して夜の海までドライブする、っていうのが常套手段だったみたいです」

◆さわやかイメージの店員同士がドロドロの関係に

 さわやかなイメージのある某ファストフード店の店員同士が、裏ではそんなドロドロの人間関係になっていたとは……。

 余談ですが、彼らが働いていた店舗はフランチャイズ店だったため、本部の目が届きにくく東條さんはヤンチャし放題だったのでは、と高山さんは分析していました。いずれにしても、欧州車を乗り回す聞き上手の年上社員なんて、確かにモテる要素がてんこ盛りですね……。<文/堺屋大地>

【堺屋大地】
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。現在は『現代ビジネス』、『文春オンライン』、『smartFLASH』などにコラムを寄稿。LINE公式サービス『トークCARE』では、カウンセラーとして年間で約1500件の相談を受けている。Twitter:@SakaiyaDaichi